中台風祭の「梯子獅子」をご存知ですか?

例年210日の8月最終の日曜日の「中台風祭」に、中台の大宮神社境内で五穀豊穣、悪魔祓い、息災延命を祈願する獅子舞が奉納されています。

この「梯子獅子」は大宮神社境内の御神木の大銀杏に約15m、33段の梯子をかけ、その上で獅子がお囃子に合わせ勇壮に舞う、江戸時代から続く伝統的な行事です。

今年は27日に開催され、晴天に恵まれ3年振りの境内で行われました。

木立に囲まれた境内には、たくさんの人々が訪れ、思い思いの場面でカメラのシャッターを切っていました。

当協会では「第4回観光フォトコンテスト」を今年も開催いたします。是非奮ってご参加ください。お待ちしております。詳細は当該記事をご参照ください。