当協会浅野会長の熱き思いが、季刊誌「地下水」に掲載されました!

一般社団法人化された当協会の今後について、浅野孝男会長が「地下水」平成30年2月号に、その熱き思いを寄稿しました。全文を掲載いたしますので、是非ご一読ください。

町観光協会が法人新組織に発展

平成29年4月3日、「横芝光町観光協会」が多くのご賛同とご支援のもと「一般社団法人.横芝光町観光まちづくり協会」へと生まれ変わりました。

これまでの行政主導の組織から自立して、協会が主体的に観光振興のまちづくりを目指し、事業を行ってゆくものであります。

横芝光町が誕生して、現在12年目を迎えていますが、これまで旧光町、旧横芝町では観光振興の方針が環境的.歴史的な相違から、行政機関.観光協会とも、全町的統一方針による考え方での事業が進みにくいきらいがあったように感じていました。そこで新たな価値観のもと、組織形態や役員構成を斬新的に見直したところであります。

また行政主導の協会活動では経済的事業に制約が生じる場合があります。

そして町財政の観点から予算の縮減策にも鑑み、以前からの法人化に向けた方針もあり、現在進めている各種観光振興事業をより全町的.積極的に推進しようとするものであります。

さらに町経済の活性化をも図る、まちづくり施策の観点から「一般社団法人.横芝光町観光町づくり協会」と命名し誕生となったわけです。

 

ここで現在の事業事例を紹介させていただきますと。

「坂田城跡梅林保全事業」があります。これは千葉県随一といわれる一千本の坂田梅林を守り育て、地域の活性化に繋げようという取り組みです。

昨年刊行されました「地下水」にて「坂田城跡梅林の梅が世界の梅酒に」というタイトルで紹介をさせて頂きましたが、本年度より法人なりした「観光まちづくり協会」は町経済への波及効果も視野に、「梅酒」だけではなく「各種梅干し」の製造販売を成功させ、観光まちづくり協会の運営資金としつつ、梅農家さんの収入増をも図る試みにチャレンジをしております。

因みに、今年の梅まつりには一万人以上の人々が坂田城跡梅林に訪れ、梅農家さんが販売している「自家製梅干し」はほとんど梅まつり中に売切れとなってしまいました。

また梅まつり期間中に開催されました、JR主催の「駅からハイキング」にも町外より電車に乗って大勢の人たちが訪れ、一瞬町中が一大観光地にでもなったような光景を見ることができました。おかげさまで街中の飲食店も随分賑わったと聞いております。こうして多くの観光来遊客が訪れ、横芝光産の美味しさを味わい、お土産には各種野菜や自家製梅干しなどの町内特産品を買って頂ければと期待をしています。

特に「坂田梅林産の特性梅干し」は横芝光のブランド品になるかも!と大きな期待をしています。

またこの成功事例に呼応して、町内宿泊組合の皆さんも独自に「坂田梅林産南高梅干し」を製造販売し、好評を博しています。そして宿泊業者さんそれぞれが梅の収穫体験をはじめ、様々な体験観光を企画し多くの観光来遊客の取り込みにチャレンジをしています。

これらの成功事業の先には私たちが目指そうとしている、坂田梅林の保全と町経済活性化への波及効果が図れ、総合的な観光振興へと繋がってゆくことを期待するものであります。

今回の「地下水」が発行される頃はちょうど「坂田城跡梅まつり」が開催されている頃と思います。私たちの想いを少しだけ気にかけて頂きながら・・・多くの方々に訪れて頂ければと願っています。

 

平成30年3月に梅まつりが終わりますと、いよいよ【横芝駅前情報交流館.ヨリドコロ】が竣工いたします。運用開始は四月後半の予定だそうです。

この「駅前情報交流館」実現の背景というのは平成29年度中に限り国の地方創生政策の一つとして特別に予算化されたものです。予算獲得については町担当課及び千葉大グループの方々の積極的な努力が実ったものであります。

そして【駅前情報交流館-ヨリドコロ】完成のあかつきには、法人なりした「横芝光町観光まちづくり協会」が運営管理を任されることになっており、協会の本店事務所ともなります。

【駅前情報交流館.ヨリドコロ】は、町を元気にする「賑わい拠点」とし、①横芝駅待合機能 ②各種観光情報案内 ③移住定住.空き家.雇用情報等のワンストップ相談窓口 ④駅前マルシェを始め町特産品販売コーナーと飲食コーナーの設置 ⑤二階多目的ホールでの各種イベント開催等々、官民一体の取り組みは横芝光町の活性化に大きな役割を果たすことになると思います。

 

私たち「観光まちづくり協会」はただいま紹介させていただきました「坂田梅林保全事業」や「駅前情報交流館.ヨリドコロ」等々での活動を通じ、多くの町民の方々が、「誇れる我が町、住み続けたい我が町、豊かな我が町」と実感できるまちづくりを進めてまいりたいと考えております。

そのためには行政機関、議会、商工会、農業振興会他、多くの皆さんとともに問題意識を共有し、真に協働の町づくり体制が求められます。

未来に希望の持てる横芝光町のために!

 

横芝光町観光まちづくり協会会長  浅野孝男

梅の開花情報と会場へのアクセスポイント!

たくさんのお問合せありがとうございます。

①開花情報は下記の町産業振興課のページにアクセスしてください。

https://twitter.com/sangyou_yk?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.town.yokoshibahikari.chiba.jp%2Finfo%2Ftwitter%2Fpost_47.html

2月20日現在は白加賀は一分咲きです。

②会場へのアクセスは下記の2ケ所の駐車場から会場への循環バスが会期の土日に運行されます。

A 坂田池駐車場 地図検索は横芝中学校 0479-82-1245 徒歩の場合散策路階段あり15分程度

B 寺方特設駐車場 横芝光町寺方187 徒歩の場合坂道をあがり5分程度

 

 

坂田城跡「梅まつり」が装いも新たにおもてなし!

県下最大級!1000本が咲き香る「坂田城跡 天空の梅まつり ㏌ 横芝光」

梅まつりの日程 2月24日(土)~3月11日(日)

梅まつり会場に直近の駐車場を増設

バス7台、乗用車100台の特設駐車場を増設(銚子連絡道下 寺方駐車場)

横芝光町寺方187(地図検索)

 

駐車場と梅まつり会場を結ぶシャトルバスを60分間隔で運行 (各土・日)

坂田池公園P ⇔ 寺方特設P ⇔ 梅林特設P(この間 15分)

時刻表あり

 

『見・食・遊・撮』☆さらに華やか!梅まつり会場を拡張!(各土・日)

甘酒、焼き芋、梅屋台、菜花摘み、梅土産、わんわん休憩所、

よこぴー撮影会、梅の種飛ばし大会

 

④町のTwitterアカウントで開花情報チェック 

Tweets@sangyou_yk

View image on TwitterView image on Twitter

 

ツアーバス限定案内

・無料ガイド案内

・寺方駐車場から徒歩10分 イチゴ狩り園オープン(浅野イチゴ園:予約制)

 

お題は「梅と飛行機」 俳句投稿をHPで一般公開(各土・日)

梅まつり会場の真上を飛ぶ世界の翼は圧巻。ここだけしかない風景です。

今、話題沸騰の俳句にしたためてみませんか。投稿用紙を用意し、協会HPでご紹介させていただきます。

その他、見どころ・アクセスは、パンフレットをご覧ください。ご希望の方は、協会事務局までご連絡ください。

郵送もいたしますので、遠慮なく申し付けください。

 

⑦ “梅まつり”「駅からハイキング」を開催(各土・日)

『1000本の梅が咲き誇る 坂田城跡梅まつり&ご当地食めぐり』

JR横芝駅前受付 8:30~11:30